銀河系と宇宙やガリレイなどについて勉強した

星などについて探究しました。英のハーシェルは、天球を多数の区画に分け、各区画の中に蔓延る恒星の分類と総和を計測し、恒星の部族が凸レンズ状に分布していることを1785歳に発表しました。しかし、ハーシェルが計測できたのは、太陽系にほど近い恒星だけでした。銀河系内には星時物体があり、光を吸収する結果遠くの星から生じる光は弱められたり、とどかなくなったりするからだ。そのため、ハーシェルを含め20世紀始動までの人々は、お日様が銀河系の主流近所にあると考えられていました。また、その当時は恒星までの開きを測定する計画が知られていなかったことから、銀河系のがたいもわかりませんでした。銀河系のがたいを見るためには、銀河系を構成する恒星の分布と開きを解る必要があります。しかし、銀河側面には星時物体が集中しているため、銀河側面上で遠くにある恒星や星団からの光は計測できません。知らないことを知れて良かったと思います。ミュゼ 料金 プラン